商材レビュー

BattleChoice(バトルチョイス) 詐欺で危険?

BattleChoice(バトルチョイス) 詐欺で危険?

不況の影響も大きく、本職での収入が厳しいなんて方も少なくはないのではないでしょうか。

収入を少しでもあげることが重要であるのであれば、どんなものでも言い訳ではありませんよね。

じしんのライフスタイルや資産構築の予定にマッチしているのかは重要です。

では今回はBattleChoice(バトルチョイス)を調べてみます。

投資で稼ぐことを検討している方は少なくはありませんよね。

実際問題投資での利益を出すことができる時代ではありますが、投資での不安を解消できない人はどうすればいいのか。

今回の案件は投資の中でも投資型の物販とも言われているP2P(個人間取引)の案件です。

市場の影響を直で受ける投資よりも最近は重宝されている節もありますが、実際に利益を出すことはできるのででしょうか。

BattleChoice(バトルチョイス)の実態を調査

まずはBattleChoice(バトルチョイス)の内容や実態についてを調査してみましょう。

概要

◆仮想通貨で利用できる

◆月利50%を狙える

◆誰がやっても同じ結果がでる

何と言っても収益の高さもそうですが、再現性の高さを売りにしている点が伺えますね。

再現性が高いということは誰でも一定量の利益を出すことができるといいます。

どんな案件でもいざ実践してみれば表現されていたほどの利益を出すことができないなんて悩みはつきものですが、今回はそれがないといいます。

これだけでも十分実践してみる価値はありますよね。

ですが、P2Pならではの不安や危険性だってあります。

P2Pとは

ようは個人間での取引のプラットフォームならびに投資する商品も踏まえての取引です。

基本的には今回のオファー同様で仮想通貨での取引を促すプラットフォームが多いです。

P2Pではオリジナルの商品、いわば架空のものを提供し、それをユーザーが購入します。

そして、購入したユーザーは次に購入権利の抽選で当選してきたユーザーに購入金額より高い金額で販売することができます。

これはルールで購入金額よりもやすくなるようなことはありません。

それを繰り返すことで利益を連鎖式にユーザー間で生み出すことができるという仕組みです。

BattleChoice(バトルチョイス)のやり方

このオファーの2Pの取扱商品は現時点ではオリジナルのキャラクター5体です。

5種類のキャラクターを購入し、それをまた購入権利の抽選に当選した次のユーザーへ販売するというものです。

当選数が増えればそれだけ月利が上がるというものですね。

基本的な方法については先ほどお伝えしたP2Pと同様です。

危険性

ではこの方法の何が危険なのかです。

これはP2Pではどれでも同様のことですが、連鎖式の販売にはいつか終わりが来るということです。

購入金額より高く販売ができるので販売できてなんぼですが、価格が高騰するにつれてそのキャラクターの購入希望者も減っていきます。

そうなることでいつか買い手が付かなくなるということです。

最後に持っている人はそのまま損してしまうということですね。

評判と口コミの確認

BattleChoice(バトルチョイス)については口コミや評判は直接的なものは確認できていません。

ですが、P2Pについては様々で、他の案件では取引の途中で運営がプラットフォームを閉鎖して、資金を持ち逃げしたなんてことも言われています。

P2Pが必ずしも相違案件というわけではありませんが、そういった危険性もあるということは念頭に置いておきましょう。

稼げるP2Pなのか

実績については公開されていません。

実践でのユーザーの結果や平均的な利益額についてはわかりません。

特商法に基づく表記を確認

特商法とは

特商法とは

購入者=消費者が提供されているサービス並びに提供元が信頼できるものであるのかを確認する為にも、現代日本ではサービスを行う者には守るべきものであると定められています。

リアルでの契約では重要事項説明項目が定められており、提供元は消費者に対してその説明義務を課しています。

それをインターネットなどを通した対面でない契約の場合には表記を行うことを定め、説明責任を果たすことができるようにされています。

また特商法の表記にも明確に表記項目が定められている項目もあり、それらの表記を確認することで運営元の情報を把握することができます。

信頼できるよう企業や団体であるのか、現在に至るまでの実績などの実態を知ることもできるようになっています。

また、再現性など運営がLPなどの商品紹介などで表現されている広告に信憑性があるのか、具体的なアフターフォローなどに纏わるものが表記されていることもあります。

検討を重ねていく中で不安を解消できないなどがあった際にはこういった説明責任をしっかりと果たしているのかなどを判断基準に持つこともできる為、情報としては重宝されるものです。

どんな商材でも同様ですが、信憑性に欠けると感じるのであれば表記を元に調べてみては如何でしょう。

特商法に基づく表記を調査!解説

・表記は確認できていません。

今回のオファーの場合もそうですが、比較的P2Pのプラットフォームの提供の場合は一般的にあまり確認できません。

登録できれば確認できるのかもしれませんが、確認できないまま被害にあわれる方もいますので、登録を検討されている方、なしは今後別のP2Pでの登録を検討している方はこう言った詳細とも言えるような情報は確認しましょう。

できるだけ多くの情報を集めてくに越したことはもちろんありません。

今回の場合は確認できていませんので、事前の確認は不可能でしょう。

BattleChoice(バトルチョイス) 調査のまとめ

このオファーがというわけではありませんが、このようなケースでは資金の持ち逃げをされることだって少なからずあります。

今回のBattleChoice(バトルチョイス)がどちらなのかはわかっていません。

情報は決して多くはありません。

その中で危険性を見極めるのは困難です。

少しでも不安があるのであれば利用は参加せずにいることがいいのではないでしょうか。

最後にオススメの投資ツールを紹介

最後に管理人イチオシの案件を紹介します。

ビジネスモデルはFX自動売買ツールです。

聞いたことがある方も多いと思いますが、「低資金でビジネスや投資を始めたい方にとってはオススメのモデル」です。

参考までにFX自動売買ツールを使っている方はどんな方が多いのでしょうか?

こんな方にオススメ

FX自動売買が向いている方

★資金運用のために、5万円以上は投資資金を準備できる

★時間がなくて、日々の作業をツールに任せたい方

★一日に一回はツールの動きを確認できる方

★自身でも勉強しながら新たなビジネスにチャレンジできる方

★投資はリスクがあることを理解し、一歩を踏み出せる方

管理人はこれまでにさまざまなFX自動売買ツールを使用してきました。

上記はほとんどの方が当てはまりやすい内容だと思いますが、それだけチャレンジするハードルが低いビジネスモデルであるということです。

紹介できるツール

気に入ったツールは運営元と交渉して、紹介できるように調整をしています。

中でも、初めて投資を始められる方にとっても気軽に始められるように無料で利用できるツールを探していました。

すると今回、今後有料販売予定のツールを仕入れることが出来ましたので紹介します。

今回紹介しているツールでは3つの特典を提供しています。

①月利50%実績のツールが無料
②設定から運営側がサポートしてくれる
③不労所得

何より初めての方でも受けれるサポートがあるのが心強いですね。

現在、有料販売に向けて無料モニター生を募集しています。

モニター生が多くなりすぎると管理が困難になるようなので、50名限定で募集すると聞いています。

もし、無料モニターの詳細や実績を確認したい方は下記に詳細ページをご用意しています。

参考までに見ていていただき、気になる方はお早めにLINE公式アカウントへご連絡ください。

FX自動売買ツールについて質問や、FX自動売買の無料モニターへの参加を希望する方は下記の公式LINEからご連絡ください。

↓↓↓無料モニターへの参加はこちら↓↓↓

モニター
【初心者におすすめ】月5万円を稼ぐFX自動売買システムで稼いでみた!無料モニター2期生募集!こんにちは! ブログ管理人のヘイミーです! 今回は 『月5万円を稼ぐための無料モニター』 を当ブログ限定で100名の...

管理人への連絡はこちらのLINEからお気軽にご連絡ください。

友だち追加